生命の根源(らせん状の拍動振動)

DNAの螺旋構造は生命の根源である。 スパイラルな渦巻状のパルスを持ったカタチは全て特定の振動から生まれてきた。 フラクタル理論と言われるカタチができる法則は自己組織化という万物にカタチを作る要素として、低周波パルス微振動が関与している。

NEAT理論(運動せずに効果)に基づいた運動

縄跳び運動はなかなか高齢者にとって難しい。また、膝や腰に負荷がかかりすぎるので、故障の原因になります。

タップマスターは縄跳び運動の効果を残したまま、受動運動と言われる器械による縄跳び効果を、座ったままから立位でも様々なバリエーションで行う事ができます。

運動は薬と同じ効果ある事だが、運動できない人にもその効果を持たせる事ができる方法を紹介!

リハビリから理学療法、医学応用までの振動医学であって、欧米や東洋医学でも採用されている。 米国医学情報PUBMEDではwhole Body Vibrationと呼ばれているカテゴリーに属するが、幅広くヒーリング・宗教・量子論・宇宙論まで幅広い「振動」を利用した誰でも享受できる運動療法である。近年、音楽との組み合わせやヨガや気功といった健康法にまで発展している。

生命は宇宙の振動から生まれた

地球や宇宙の振動はシューマン波と言われる8HZくらいの微振動で、母親の羊水中の周波数と同じである。 生命はシューマン波に対しては寛容であり、共振共鳴して自己組織化できるようになっている。また、その波形も矩形波(パルス波)と言われる拍動で、心臓の血液を送りだすようなトントンという鼓動でもある。 

音楽も空気の振動です。

サイマティクス(cymatics)と言われる振動で下記のようなフィナボッチ(黄金比率のカタチ)ができあがります。

振動でカタチを創る!!自己組織化という自然の理で細胞や組織を創っていく良い振動を研究しています。 一方、電磁波など身体に悪い振動というのもあります。http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/faq/faq/sonota.html  総務省近畿局

良い振動で良い健康づくりを目指しています。