介護やセルフメディケーションの解決策としてタップ(拍動療法)が紹介されます。

有名な地球環境問題評論家の船瀬俊介氏の新刊で、「じゃあどうすればいい?」という解決策の一つとしてタップマスターが日本の介護施設にとっては必須に近い物として紹介されました。

「骨トレ」として全国の老人施設で必要であると言って下さっております。 

拍動振動音響免疫ケア

拍動振動による「タップマスター」を開発し、その受動的振動によって神経・骨・血液などの組織を機械的刺激によって整え(音響も振動の一種)、非侵襲の受動ケアによって認知症や薬では治せない、形体的「カタチを整える」手法を開発し、次第に能動的にできるプログラムを開発しました。

そして、音楽や笑いなどの頭を使うコンテンツを同時にする(デュアルタスク・トリプルタスク)動作や言葉の持つ「言霊」や各宗教による「祝詞」「お経」などの持っている振動特性を利用して社会問題の鬱や認知、暴力や医療的治癒の補助を促進、さらには現代科学では解決できない健康問題にアプローチしていきます。