認知症予備軍(MCI)に朗報!

◎好きな歌を聴いたり歌ったりする「音楽療法」    (介護サポーターズさまHPより)
音楽療法は、歌を歌ったり楽器を演奏したり、あるいは音楽を聴いたりして、認知症の症状緩和を目指すもの。病院や施設などでも、複数人で集まって合唱をしたり、音楽を聴いたりする場面がよく見られます。自宅で音楽療法をやるのであれば、本人が好きだった音楽をかけてみたり、一緒に歌ってみたりするとよいでしょう。思い出の曲を聴いたり歌ったりすることは、先ほどご紹介した回想法の役目も果たしてくれます。音楽を楽しむことは気分の安定につながるほか、自ら歌うことによって、脳の刺激になって症状の緩和が期待でき、発声や嚥下機能の改善にもつながるといわれています。脳へ刺激を与えます。脳が刺激を受ければ血流が上がり、認知機能向上につながることが期待できます。◎体力低下や不眠予防に「ラジオ体操」や「ストレッチ」
年齢を重ねると運動不足になりがちです。とくに認知症の方は引きこもりがちになるので運動量が極端に少なくなったり、日中に昼寝をしてしまったりすることで、夜間の不眠や昼夜逆転の原因となってしまいます。

この両方を一度で出来る、しかも受動的にできる器械を製作しました! その名は「タップマスター・with ミュージックテラピー

「揺さぶりケア」の考え方

非運動性活動熱産生(NEAT)マシーン

「揺さぶりケア」の考え方

(コンディショニング・トレーニングの考え方をケアにも)

 

人間は変化や痛みにめっぽう弱く、変化に伴って痛みが発生したりすると、具合が悪いことだとネガティブに捉えてしまいがちです。痛みを感じた瞬間からその痛みをどう避けるかと考えますが、変化を促す良い痛みの存在に気づけば、痛みを受け入れて力に変えることができるようになります。スポーツのトレーニングも同じことで、わざわざ変化を起こして適応するという事なのです。また、子供は身体が柔軟なので、少しの変化に対して慣れようと適応します。ところが、成人になってからは現状を維持する事が重要と考えられ、少しの変化も否定してしまいがちです。

「揺さぶりケア」「タップマスター」「加速ベッド」による揺れは、少しの変化を与えて頭が揺れて気持ちが悪いから揺らすのを止めるのではなく、気持ちの悪さは揺れによる変化の現れで身体の異常を検知している事なのです。

現代社会は日常のコンディションをできる限り維持したいと考えがちです。

身体にとってもその傾向は当てはまり、変化に伴って痛みが発生したりすると、具合が悪いことだとネガティブに捉えてしまいがちです。

頭が揺れて気持ちが悪いから揺らすのを止めるのではなく、気持ちの悪さは揺れによる変化の現れだと思えば、積極的に徐々に頭を揺らすことができます。

 

これにより、変化へ適応しバランスのとれた身体へ戻っていくのです。

DMA理論(ダイナミック・モーション・アシスト)

動かないから動かさないのではなく、動かないから=動かす。

1ミリ縄跳び運動シュミレーター=タップマスター

揺さぶりケア(運動できない方へ)縄跳び効果を!

リズミカルな規則正しい調子で、叩いたり拍動・摂動(せつどう)と呼ばれる外部刺激を身体に与え、恒常性維持機能を働かせる。1/f揺らぎや血流・体組成・骨格などのバランスをとるための運動療法

基本的な動き

一定のリズムで正確に揺れる器械を使用し、綺麗な拍動で動かされる事で、縄跳び効果をだします。しかも、微小垂直パルス低周波振動です。


◎揺さぶりケア

音楽運動療法に使用されている「トランポリン」や「バランンスボール」の要素を1台の器機に集約!!リズミカルな振動で揺さぶります。

音楽運動療法というのがあって、トランポリンやバランスボールで「揺すって」音楽を聴かせる方法があります。 これは非常に効果ありますが、介助する方にとっては大変な事で、しかも場所をとります。
「揺さぶりケア」™はこれらのエッセンスをコンパクトな器械に収納し、更に垂直拍動振動という宇宙工学から来たノウハウで身体の中に自己回復力などの「エネルギー」を入れる事ができます。

 

 

脳幹に刺激を与え、体性感覚を呼び戻す!

基本的機序

◎リズム力による効果

ロシア宇宙飛行ロスコスモスのノウハウです。

関連HP  健康空間

http://kiatsu-training.com