美容クリニックを新たなる活躍の場に決めた時に求人で意識した事

一般病院よりも働き方が現在の自分に合っている

一般病院よりも働き方が現在の自分に合っている販売数には目標が定められていない美容クリニックを選びました自分が求めている理想的な仕事場である事がわかってすぐに正式採用

一般病院で勤務をしてきて長年患者さん達に向き合ってきて気が付いたのは、自分は患者さんが持っている理想が現実になって笑顔が増えていった時にやりがいや嬉しさを感じる事でした。
そのような患者さんの理想が現実になった時に見せる笑顔を支える仕事をしたいという気持ちが強まった結果、次の活躍の場として意識し始めたのが美容クリニックです。
また、美容クリニックは一般病院よりも働き方が現在の自分に合っているのも転職先として目を向けた理由であり、結婚し子供ができた事で育児に向ける時間や子供と多くの思い出を作っていきたいという気持ちが強くなっていったので、より仕事と私生活のバランスが良好にさせられる美容クリニックを求めました。
さらに、美容クリニックでは美しさを向上させる事を目的にした様々な製品の販売も行っているため、学生の頃にアルバイトをしていた接客販売のスキルが再び活かせるのも大きな魅力に感じた次第です。
転職活動をする上では、これまでの一般病院での仕事も疎かにならないように並行して進めていく事を意識し、引き続き仕事をしつつも求人情報も手に入れて次の活躍の場を探していきました。
美容は現在ますます多くの人達が熱視線を注いでいる分野ですし、これからより興味関心を持つ方が増えていく成長率が高い分野である事も関係して、求人の数が多いのが魅力でした。

【お仕事をお探しの看護師さんへ】
関西で日勤のみでの求人が増えてきております。
美容クリニック、一般クリニック、健診センターなど。

まだ退職が決まっていない方もご相談からでも大丈夫です。

DM頂ければ幸いです。

— 西田真人@黒服な夢遊人 (@nishimasaHR) October 24, 2022